読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KiKiの日々

断捨離&冷えとり ながらやりの日々。物はお気に入りだけ、足はなるべく冷やさないよう快適な生活を目指す☆

自分の行動に後悔しないために

こんにちは。KiKiです。

3月31日はバタバタ年度末最終日でした。

そして私は多分、初めて上司に逆らってしまいました…。

余裕をなくした同僚

前回、残業規制が始まり、体調を崩してしまったと言う記事を書きました↓詳しくはこちら

健康的な仕事の進め方 - KiKiの日々

同僚も同じく、昼休憩を取らずに仕事をし続けた結果…体調までは崩していませんが気持ちの余裕がなくなっていました。

以前だったら「必要最低限しか手をつけれなかったよ。」と私が休みの時は、処理をしてくれていましたが、今回は…

「何も手をつけていない。体調が悪かったとは言え、4日も休むのはありえない」と一言。

目の下にはクマができ、顔がやつれていました。

ああ…申し訳なかった!

私が体調崩さなければ…。彼女は異動も決まってるし、時間がないんだ。

守ってきたけど、1度もかわらなかった

もう後悔しても仕方ない!

それからも19時退社は続き、私は昼休憩は30分が限界。やはり取れない日もありました。

そして迎えた3月31日…。

同僚の手持ちの業務が終わらない。

引き継ぎが出来ないまま18時55分。

上長から「パソコンの電源を落としなさい。

彼女(同僚)は次は営業だから、今日の残業申請は通す。君(私)は切りなさい。すぐ退社しなさい」

私の我慢は限界を越えました。

ここ数年、残業時間を捨ててきた。

でないと評価が下がるって…。でも評価なんて上がった事は1度もない。ましてや下がってる。

事務は残業申請できない⁈私もこの会社の社員。

同僚はまだ終わらないのに、1人でやらせて自分は帰るの?

もう評価なんてどうでもいい!

彼女を置いて帰って上がる評価なんてない。この状況で置いて帰ったら、私は自分が嫌いになる!

「残業申請します。だから許可して下さい」

と言ってしまいました。

上長は「事務は許可が下りないよ。早く帰れ」

「下りなくてもいい!申請はします。残りますから」

上長「勝手にしろ!評価どころじゃなくなるぞ!」

「どんな処分でも結構です」

 

10年目の決断

この会社に来て10年。ああ…初めてやっちゃった。感情的ですが、後悔はしていません。

10年目でこの対応…。ずっと我慢してきたけど、もう限界を感じていました。

同僚は「KiKi、帰った方がいいよ!私は何時間かかってもいいから!」と言ってくれましたが、見た限りこの量では今日中に帰れない。

私は同僚に「もういいんだ。ずっと変だと思ってたから。今までありがとう。手伝うよ」と伝えました。

 

処分…?うーん、明日行ってみなければ分かりませんが、ただでは済まないな^^;。

 

でも、1人に全て押し付けて帰るなんて…。

「評価」に踊らされていた自分にも嫌気がさしていました。

評価より、自分の取った行動で自分自身を嫌いになりたくなかった。

 

では、また。