読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KiKiの日々

断捨離&冷えとり ながらやりの日々。物はお気に入りだけ、足はなるべく冷やさないよう快適な生活を目指す☆

色々と考えさせられた1週間

こんにちは。KiKiです。

会社は、今週月曜日から年度初めがスタート。

先週の金曜日(年度終わり)に初めて上司に逆らってしまった私…。月曜日はさすがに出社しずらかったです^^;。

↓詳しくはこちら

自分の行動に後悔しないために - KiKiの日々

ああ…処分があるのかな…と思いきや、実は処分は実際には存在しない。そして「事務だから」と言って残業申請が出来ない訳でもないそうです(-_-)。

じゃあ、なぜ上長は怒ったかというと、役職の低い部下に残業してまで、仕事をさせると

言う管理能力の低さから上長自身の評価が下がるそうで、上長は自分の評価を下げないために激怒したのが事実のようです。

 

本当…うちの会社の制度って。

 

同僚の代わりにきた人

同僚の代わりにきた人…つまり新しい同僚ですが、同僚ではなく上司でした…。しかも役職に「○長」が付く女性。

これはうちの地域(田舎なんですが…)の目玉人事だそうです。女性初の統括長。

もちろん実務はしません。

今まで同僚がしていた業務は私にシフトチェンジ。2人分の業務をするため、今週は1日しかお昼休憩が取れなかった。つまり昼食も抜きな訳で。多分、これからもこんな感じです。

いつか倒れるかも⁈

 

同僚を友達と勘違いしていた

年初2日目、元同僚からメールがありました。

彼女は「営業に戻り、毎日が楽しい」と書いてあったので、私は営業の話が聞きたくなりました。

そこで「今度、食事でもしながら営業の話を聞かせて。私も今の業務で相談したい事があるんだ」とメールしました。

でも、メールが来る事はそれからありませんでした。

彼女にとって私はもう「同僚」ではない。

仕事も違うし、元の部署の私から得るものはないんだ…。

私は今頃、気づきました。

同僚を友達だと思っていた…。

友達でもない、何も得られない私は、一緒にいても「意味」がない。

 

何だか、まだ1週間なのに1ヶ月分の苦い経験をした気分です。

 

では、また。