KiKiの日々

断捨離&冷えとり ながらやりの日々。物はお気に入りだけ、足はなるべく冷やさないよう快適な生活を目指す☆

「願い」が「執着」に変わる前に

こんにちは。KiKiです。

先週は色々あり、今週は仕事が先週以上に忙しくなりました。

 でも、社内異動選考の締め切りが近づき、社外試験も来週に迫っている。

勉強時間確保のため、平日は朝5時30分〜6時までの30分間をあてました。

 

↓社内異動試験のことはこちらの記事

自分の気持ちを優先しよう。 - KiKiの日々

 

「…したい」ではなく「…しなくては」に変わっていた。

以前受けた社内試験…実は全く興味のない分野でした。でもこれをどうしても社内評価の代わりにしたかった。

「受かりたい」ではなく「受からなければならならない」に変わってしまった。

そして、気持ちばかり前のめり、自分で自分を追い込んでしまったと思います。

受験時、変な汗をかきながら力みすぎ、最後はシステムダウン…。何だかその時の自分の気持ちを反映した結果みたい。 

私、やりたい事のために頑張ったんじゃないの?やらされてるの?

 

執着に変わった瞬間

システムダウンを起こし、0点。

この結果がなければ、私、もう異動試験が受けれないよ!

お願いだから、結果または再受験させて!

結果を何とか出さねば!

結果に執着し、色々なところにひたすら連絡しました。

しかし、結果の復旧も再受験も叶わなかった。

3日間、眠れないし、不安だった。

こんなに頑張ったのに!何でダメだったんだ?

でも、ふと気付きました。

 こんなに結果に執着してたけど、そもそもの目的は別のことでは??」

 

「願い」が「執着」に変わる前に

当初の「やりたい仕事がしたい」から「試験に受からなければ、全てダメ!」に気持ちが変わっていた。

もちろん、試験結果は選考を左右する。

でも願いを叶える事と結果に執着する事は別物。

願いを叶えるための努力、そのための勉強は、本当は苦痛でないはず。

やりたい仕事を思い浮かべた過去の自分は、ワクワクしていた。なりたい自分を描く事は楽しかったのに。

初心に帰ろう。

願いを叶えたい…。

 

願いを叶えよう。

もう一度「希望する部署」の仕事内容や求める人材を見直しました。

レポート作成を開始。

レポートは「過去の経歴」ではなく「未来の自分」の希望を書きました。

やってみたい事を書く事はやっぱり楽しい!

私は願いを叶えたい!

 

今回は「仕事」でしたが、もしかしたら他の事もそうかもしれない。

「…したい」が「…しなくては!」になってしまったら。

一度、それから離れてみよう。

そして、初心に戻ろう。

 

執着する事…思いが重くなる。

全然楽しくなくなってしまう。

 

願いを叶えるための努力は、大変な事もあるけれど、その大変さすら楽しんで取り組めるはず。

 

では、また。