読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KiKiの日々

断捨離&冷えとり ながらやりの日々。物はお気に入りだけ、足はなるべく冷やさないよう快適な生活を目指す☆

違う意味で泣けた。病院選びを誤り、大変な事に。

暮らし ミニマム

こんにちは。KiKiです。

先週末に喉が痛かったのですが、今週月曜日に無理して出社しました…。声がかすれて聞き取りにくい上、喉の痛みが増すばかり。

そのため、午後は半休を取り、病院へ。

 

前に一度行った耳鼻科へ。

最寄り駅の近くに前に一度行った所があったなぁ…と記憶をたどり、到着。

診察してもらいましたが、鼻からカメラを入れた時、途中で私がむせてしまい「はい、カメラ抜きます!」って途中で抜いていいの?

写真、やはり奥が写ってないんですけど…と思いましたが、医師は「気管支炎です」と。

薬をもらい、帰宅。

その日、母に薬など見せたら「あなた、この病院一度行って合わなくて、違う病院行ったんじゃない?」

え?うわ…まずい事したかな。全然記憶がない。

次の日、母の記憶が的中

喉、焼けるように痛い…。痛み止めは1日分しかなく、4時間おきにと言われましたが、飲んでもせいぜい2時間しか効かない。

それでも1日、薬を飲んで安静にしてれば…

夜になって…状態は?痛みが増すばかり。

お母さん、よく覚えているなぁ。私はどうして記憶がないの?

後で聞きましたが、前回もやはり拗らせ、高熱&喉の痛みで私の意識がかなり飛んでいたようです。父が急いでかかりつけ医に連れて行ったとの事。

意識が飛ぶ…、当時もひどかったんですね(泣)。

次の日、かかりつけ医へ

始めからそうすれば良かったのですが、通勤電車と違う沿線電車で行く事になります。その日は帰りにすぐ寄りたくて、妥協してしまった。この妥協を今もすごく後悔してます…。

かかりつけ医の医師は女性で物事をはっきり言う・腕がいいので、いつも患者でいっぱい。1時間は待ちます。

やっと私の番だ!

医師「喉、診せて。いつから痛いの?」

「先…週の…土曜日…から」声が出ない!

医師「カメラ通すよ」   スッと通った!

医師「映像見て。喉の奥、膿んでるよ!前の病院の薬見せて…。効かない。全部捨てる!あとリンパ腫れてるよ。熱あるよね?」

「来る…時に測ったら…6度…9分…でし…た」声でない。

医師「これ脇に挟む!げ!7度7分ある。もっと上がるよ!」

医師まさかこの状態で会社行こうなんて考えてないよね?声潰れるよ!後、呼吸がおかしい。今週、もう一度来るように!」

「は…い。会社には…行きません。あり…がとうご……。」声、出なくなった。

今日は喉の痛みがひき、プリンが食べれるようになりました。

かかりつけ医で診てもらったのは昨日の話。

新しく処方された薬を昨日の昼から飲み始め、夜には喉の痛みがひき始めました。

そして今日。朝、熱がありましたが、朝と昼に薬を飲み、熱もひき、今まで喉に沁みてお粥しか食べれなかったのが、プリンという味のあるものが食べれるように!

やっとネットを見れ、ブログを書くまでになりました。

自分もしんどかったし、周りにも迷惑をかけた。

ここ数日、本当にしんどかったです。病院選びを間違え、こんな事になるとは。

また家族や会社の同僚にも迷惑をかけてしまった。

会社は明日も通院のため、お休み。

仕事、溜まってるし、同僚はヒーヒーしていると思います。来週の出社が怖い。

1番いい事は無理せず、体調管理をしっかりする事。今回、本当に身にしみました。

 

では、また。